“OVER”を使った句動詞10選【英会話頻出】

覚える前に一言!

よくネイティブが使う “Over” を使った句動詞10個を厳選しました。
日常英会話の約80%が句動詞で成り立っています。
大学等で学習する難しい単語は日常会話ではほとんど出てきません。
約40~50の句動詞を覚えればなんとなく成り立ちがわかってくるのであまり難しく考えなくて大丈夫です。

まずは覚えて使って練習です!

句動詞を覚えるうえで重要なこと

1つずつ地道に覚えるのではなく
動詞のイメージ」と「前置詞のイメージ」で意味を理解し、感覚で覚えていく。
 

この感覚さえ習得できれば句動詞の意味をわざわざ1つずつ覚えなくとも自分で作り出せるようになります。

"Over"は
上に円弧∩ (上・覆う・回転)
のイメージです

句動詞一覧

1. Take over

意味:「奪う」、「引き継ぐ」

☆ ”Take” のイメージ:手に取る

OMG! Spiders have taken over the apartment!
(なんてこった!アパートが蜘蛛に乗っ取られてる!)
☆OMG=Oh my god
David
David

2. Come over

意味:「家を訪ねる」

☆ ”Come” のイメージ:到来する

Can I come over ?
(家行ってもいい?)
David
David

Kate
Kate
Ugh, fine.
(えー、別にいいけど。)

3,4. Walk over/ Run over

意味:「歩いて/ 走って行く」

David walked/ ran over to Kate’s house.
(デイビッドは歩いて/ 走ってケイトの家に向かった。)

5. Fall over

意味:「倒れる、転ぶ」

He fell over on the way.
(彼は途中で転んだ。)

6. Talk over

意味:「話し合う、議論する」

Kate
Kate
We need to talk something over.
(私たち、話し合う必要があるわ。)

7. Be over

意味:「終わる」

8. Think over

意味:「よく考える」

Kate
Kate
We are over.
(別れましょ。)

Think it over again!
(もう一回よく考えて!)
David
David

9. Get over

意味:「乗り越える、回復する」

☆ ”Get” のイメージ:動き

~2ヶ月後。。。~

I got over her!!!
(彼女の事は乗り越えた!!!)
David
David

10. Start over

意味:「もう一度やり直す」

I’m ready to start over
(再出発の準備は出来た!!)
David
David

( 完 )

まとめ

いかがでしたでしょうか。
イメージで覚える感覚を少しは分かっていただけたでしょうか。
“Take” は「手に取るイメージ」、”Over” は「上に円弧のイメージ」なので「奪う、引き継ぐ」となります。
他の句動詞も同様に、動詞・前置詞のイメージが合わさって成り立っているので再度確かめてみてください。

Daichi

・滋賀県出身 (28歳)
・バイリンガル英語講師(TESOL,TEC認定)
・カナダ,オーストラリアに滞在中、英語の学び方について研究

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です