METHOD

学習方法
専門家によるヒアリングと、最適なカリキュラム

課題発見

1

課題発見

英語学習の専門家である、英語学習コンサルタントが、ヒアリングや課題チェックテストを通して、お子様の英語力(リスニング力や語彙力など)がそれぞれどのレベルか、そして課題がどこにあるのかを正確に発見します。

第二言語習得論では、効率的な学び順というのがございます。「英語を話せるようになりたいから英会話ばかりやっている」という方はたくさんおられます。しかし、これは最短距離ではありません。そもそもリスニング力が乏しければ、相手の話している内容がわからないため会話にはならないのです。英会話ばかりやっていても効果は薄いものです。

お子様の学習フェーズに合わせて、優先して克服するべき課題の解決にフォーカスすることで無駄を省き、学習の生産性を高めます。

最適なカリキュラムの提示、学習効率の最大化

英語学習コンサルタントが、お子様の英語力を高める最適なカリキュラムをお伝えし、学習を正しく行えるようサポートしていきます。教材においてもその生徒にとって最適なものを選びます。

それぞれの課題にそれぞれの解決方法があります。一つの課題に対して何百通りもある学習方法から最適な方法を提案します。さらに、より効果的に学習して頂くために家庭内での学習においても細かくコーチングいたします。

また、しっかりと英語力がついているかを毎週チェックいたします。
膨大な量の学習は求めません。
正しい方法で、正しく学習することで学習効率の最大化を図ります。

2

最適なカリキュラムの提示、学習効率の最大化

「第二言語習得論」に基づいた『英語学習のコツ』

3

「第二言語習得論」に基づいた『英語学習のコツ』

英語学習にはいくつか “コツ” があります。
例えば、英単語を覚える時には4つのステップを踏むと確実に脳に定着し、使えるようにまでなります。

1つ目のステップは、イメージや絵を使って記憶するということです。人間の脳は情報処理の大半を視覚に頼っているため、英単語を覚えるときも視覚情報も利用した方が効率が上がります。

2つ目のステップは、組織化することです。脳は、関係のない事柄をバラバラに覚えるよりも、関連している事柄を覚える方が得意なのです。

3つ目のステップは、繰り返すことです。ある情報に繰り返し出会うと、脳はその情報を重要と判断するため、単語学習には復習が不可欠です。しかし、復讐のタイミングが早すぎても遅すぎても効果が薄れてしまいます。バイリンガル養成学院では、ベストのタイミングで復習を行います。

最後のステップは、無料体験をお受け頂いた方にのみお伝えいたします。

他にも、「読む」「書く」「聞く」「話す」においてもそれぞれ効率良く習得するための“コツ”があるので無料体験の際にお話しさせていただきます。

PAGE TOP
MENU